フランチャイズは業者によって成功率や収支が変わるので、業者の見極めが重要です。

MENU

フランチャイズ制度とは

フランチャイズ制度は大手の看板とシステムを導入してオーナーとして飲食店を運営できる制度です。
業者によって契約条件は異なりますが、売上の○○%をロイヤリティや看板料として定額を本部に支払うタイプが多いです。
ほかにも従業員に近い形で定額の収入を保証されているものがあります。

 

あくまでも独立した経営者の扱いですが、大手の看板に見合うサービスを提供する必要があり、本部の承認なしにオリジナルサービスを行うことはできません。

 

 

フランチャイズ制度のメリット

  • 少ない開業資金で始められる(本部からの融資、補助、開業工事の手配など)
  • 未経験からでも成功できるチャンスが大きい
  • 看板の影響が大きい
  • 仕入などを本部が一括して行ってくれるので業務が楽
  • 広告活動やホームページの運営を本部が一括して行ってくれる
  • POP、キャンペーン、メニューなどを本部が用意してくれる

 

かんたんにまとめると、フランチャイズ制度は飲食店を開業させる方法の中でローリスク・ローリターンです。
未経験からでも、大手と同じ味と価格で提供できる一方でロイヤリティを取られるので、大儲けできるチャンスは低いです。
独立してサラリーマン以上の収入を手にしたい人よりも、自分のお店を持って上下関係から開放されて自分のペースで仕事をしたい人に向いています。

 

 

業者の見極めが重要

観察する男性

フランチャイズは業者によって成功率や平均収入が大きく変わってきます。
なかには、従業員として雇うよりも安い賃金で働かないと採算の合わない計算でロイヤリティを計算しているケースもあります。

 

集客してビジネスとして成り立っても、休みを取れなくて毎日長時間労働を強いられてしまうこともあるので注意しましょう。
もちろん、フランチャイズで大成功している人はたくさんいます。
初期費用の安さだけではなく、予想収支やオーナーとして求められる労働時間などを計算して慎重に検討してください。

 

大手になるほど、大儲けできるチャンスは少ないです。
フランチャイズ制度を始めたばかりで、まだ店舗数や加盟店の少なくて良心的な運営をしている所の方が稼げるチャンスはあります。
ただし、実績のない所は失敗するリスクも高くなります。

 

基本的にフランチャイズにローリスク・ハイリターンの案件はありません。
リスクとリターンのバランスを考慮しつつ、バランスが良くて良心的なシステムを用意している所を選びましょう。

 

 

フランチャイズの多い分野

  • 居酒屋
  • テイクアウト
  • デリバリー
  • ラーメン屋
  • ファーストフード

 

オススメ度の高いのは、大手ならではの仕入と味付けのノウハウを持っているところです。
たとえば、ラーメン屋の場合は本部の用意した材料で決められた通りに出汁を取れば、本格的なお店で食べるラーメンの味が出せるので集客効果を期待できます。

 

キッチンカーで簡単な軽食を販売するフランチャイズは、仕入れや調理よりも出店場所の確保をすることに重点を置いています。
キッチンカーであれば、自分で営業を行って開業した方が儲かるチャンスは大きいです。

 

営業や勉強が面倒だからフランチャイズに加盟する考え方はよろしくありません。
そのお店の味やコスパに魅力を感じて、惚れ込めるサービスで始めることをオススメします。

 

フランチャイズで高収入モデルが多いのは居酒屋系です。ただし成功しているお店はオーナーの人柄が良かったり毎日15時間労働など長期間勤務を求められることが多いです。
元々居酒屋経営が選択肢ではなかった人が収益モデルを見て居酒屋のフランチャイズで開業すると後悔するケースが多いです。