個人経営の飲食店は何かと融通が利き、お客様との距離が近いのでアットホームです。

MENU

個人店だからこそ挑戦できること

飲食店は大手の方が大量仕入や、複数店舗まとめての求人など有利なことが多いです。
しかし、個人店だからこそ挑戦できることや出せる魅力はたくさんあります。
飲食業は他の業界に比べて、大手チェーンよりも個人店が人気を集めることが多く、勝てるチャンスの大きい業界です。

 

 

全てが自由でプライベートも重視した働き方ができる

雇われスタッフや大手チェーンのフランチャイズだと、長時間勤務を強いられることが多いです。
飲食業は休みが少なくて拘束時間の長い業界ですが、個人店であればホワイト企業を圧倒する環境を作ることが可能です。
流行した人気店を作ることが条件になりますが、成功した時に事業規模を拡大させるのではなく安定した収入を確保できる範囲で緩い働き方をする選択肢も出てきます。

 

人気の個人店では昼と夜の間に中休みを取っていたり、年に数回長期休業をとっているケースがよく見られます。
雇われだと商売が繁盛するほど、新店オープン、マネージャー、営業時間拡大など業務量が増えてプライベートの時間が失われていくものです。
飲食業界において時間とお金を両立できるのは個人店としての独立しかありません。

 

 

新しい形に挑戦できる

自信がある男性

個人店で大成功しているのは、他では行っていないサービスを提供しているケースが多いです。
多いのは○○専門店やオリジナルの創作料理などです。
企画、発想、料理センスを求められて、セオリーを無視したビジネスは成功させるハードルが高いです。
それでも、自分がやりたいと思う最善の形を具現化させると、会社員時代以上のパワーが出て仕事にやりがいを感じられるものです。

 

 

苦労した人だから分かる従業員のやる気を高める制度を作れる

脱サラして飲食店を始める人は会社員時代の待遇や福利厚生、仕事のルールに不満を抱いているものです。
苦労した経験は経営者にとって必要なことです。

 

雇われの立場だと、こうした方がいいと思ったことがあっても提案しにくい環境があるものですし、風通しの良い職場は世間のなかで少ないです。
自分自身が従業員にとって魅力的だと思う環境や評価制度を用意してあげれば、従業員の定着率が高まり経営者と良好な関係を築けます。

 

飲食店は雇用を創出することの多い職種です。経営者になって従業員から信頼してもらえる関係を築ければ、会社員の時には味わえなかった大きなやりがいを感じられます。

 

 

多店舗経営・フランチャイズ運営

飲食店は経営のセンスが重要で、儲かるビジネスモデルを構築できれば第三者にお店をまかせても高水準の売上を維持できます。
1店舗目で成功したら2店舗目、3店舗目と事業を拡大させて、さらに実績がつけばフランチャイズとして加盟店を募集してロイヤリティ収入を得ることが可能です。

 

成功すれば現場での仕事はほとんどせずに、経営者の仲間と遊んで人脈を作るのが仕事の中心にさせるなど、好きなように働けますしプライベートの時間を確保できます。
個人店としての開業は無限大の夢が広がっています。