「幾らでできるか?」ではなく、「自己予算額の中でやれる業者はどこか?」と視点を変えましょう。

MENU

内装工事の費用

 

居ぬきで借りたとしても、
または真っ新なスケルトンの状態で借りたならば、なおさら内装工事は必要不可欠となります。

 

その費用とは、だいたいどのくらい必要となるのでしょうか?
開店資金を準備する上でも、大いに気になるところです。

 

住居とは違う店舗内装

 

内装工事というと、初めてお店を開こうという人にとって、
身近な住居リフォームのような感覚で想像してしまうかもしれません。

 

しかし、人が暮らすことを目的とした家と、
集客をして利益を得る店舗では「内装」に対するルールが全く違います

 

戸建てやマンションを購入した場合、
その内装は、建築基準法に準じていれば、限りなく個人の自由にできますよね。

 

ところが店舗となると、
たとえ不動産購入した物件であっても、様々な制約が掛かってきます。

 

消防法による内装制限衛生法による設備制約などなど。

 

「居ぬきだから内装費用はほとんど掛かりませんよ。」
という不動産仲介業者の決まり文句があります。

 

しかし、居ぬきであっても経年劣化で配管が腐食していたり、
場合によっては大規模な工事が必要になることもしばしば。

 

そこでお勧めしたいのは、
お店の内装工事は店舗設計を専門にやっている施工会社に相談することです。

 

 

 

内装費用の相場は流動的

 

非常におおまかな数字ですが、
たとえば、カフェを開業するとしたら、坪単価30万~50万円が相場だという声が多いようでした。

 

しかし、これは「だいたい幾らくらいでできますか?」と顧客に言い寄られて、
業者がやむなく出した数字だというのが本当のところのようです。

 

内装に求めるものによって金額が変わってくるのは、想像に難しくないですよね。

アドバイスの画像

 

 

これから経営者になる人に求められる感覚のひとつですが、お金で物を取引するのですから「幾らでできるか?」ではなく「自己予算額の中でやれる業者はどこか?」という視点に変えることも必要です。

 

「300万円の予算でこんなイメージの内装にしたいが可能ですか?」という問い合わせならば、業者との話も展開がスムーズになるでしょう。


そして、どうしても譲れないものは何かをはっきりさせておくと、より交渉がしやすくなります

 

 

内装工事費用の違い

 

★ 居ぬき(場合によっては安い) or スケルトン(一般的に高い)
★ 坪数が広い(割安) or 狭い(割高)
★ 配管工事が不要(安い) or 必要(高い)
★ 工期までの時間 長い(割安) or 短い(割高)
★ デザイナーを指名(割高) or 指名しない(割安)

 

その他、特殊工事が必要かどうかでも違ってきます。